dms9000 blog

ゲームプロデューサー8年、ネットの事業企画やマーケ10年、スタートアップ経営者2年と渡り歩いてきましたので、その辺の話を書いています

経営層に最も重要なのは組織作り

「経営層として注意したこと」という質問をいただきましたので、まとめます。

まず、最優先で取り組んだのは組織作りでした。


以前、社長は「企業価値の最大化に責任を持つ役割」と定義しました。会社としてどのような価値を誰に提供するかを定め、価値を最大値まで高めることが社長の使命となります(いわゆるミッションです)。

 

ならば、経営層は以下のことを考え、実行するのが仕事です。

  • ミッションを達成するため、目標値を定めること
  • 逆算し、いつまでに、何を達成するかを細かく決めること
  • そこに至るに足りないものは何かを明確にすること

そして、実現する手段として組織が必要です。
目標を実現するには会社が作りたい価値に共感してくれた人たち、会社が欲しい職種に適合するスキルや人間性を持った人たちを迎えることになります。そして、社員がその力を存分に発揮できる環境を整える必要があります。

そこで、現在の課題抽出を最初に行い、対策を打ちます。

 

つまり、社員が効率的効果的に働ける仕組みを整備し、生き生きと働ける制度を用意し、必要な人材を雇用し、必要な施策に投資することです。

 

実は過去にこのブログで紹介した考え方はツールや進め方は全てこの1点に集約されます。そして、このノウハウはトライ&エラーによって獲得できるのでスピードを早めたい場合、そういった経験者を雇用することをお薦めします。

 

この辺りが未整備なまま突っ走るといずれ綻びがでます。
表面的に部門を作る、肩書を作る、足りない職種を採用するといった短期的なアクションだけではいつか綻びがでます。

長期的視点から課題と改善策を積み重ねることで未来の問題を軽減できるからです。

 

社長や他の経営層が目標からの逆算と長期的な視点を持ち、組織を成長し続ける存在が会社には必要となります。