dms9000 blog

ゲームプロデューサー8年、ネットの事業企画やマーケ10年、スタートアップ経営者2年と渡り歩いてきましたので、その辺の話を書いています

アズールレーンの売上をまとめてみた

アズールレーンの売上情報がtwitter で回ってきました。中国本土のツールがソースと思われます。真偽は定かではありませんが、いったんグラフ化しました。

 

f:id:dms9000:20180307112231p:plain

 ソース:

2月
https://twitter.com/azuren_online/status/970452984931823617
1月
https://twitter.com/KomaAsf/status/960874749361512453
12月
https://twitter.com/azuren_online/status/949471772415373312
11月
https://twitter.com/azuren_online/status/937512968572452864
10月
https://twitter.com/azuren_online/status/929529884426174464

 

見解:

この数字が実績に近いという前提に立ちます。ここから読み取れるのは以下の点です。

  • 売上は10月をピークに右肩下がり
  • 特に1月以降は前月比の減少幅が広がる

 

アズレンは1月〜2月はコラボやお年玉商品、着せ替えなど課金要素が増えたにも関わらず、売上の減少を食い止めきれないことがうかがえます。
売上の減少については非公開な指標(DAU、MAU、継続率、課金率)の動きが気になります。

 

また、アズレンは100万DLごとにキャンペーンを実施しており、100万DL単位の積み上げに必要な日数もはかれます。徐々に間隔が空いていることが分かります。

 

f:id:dms9000:20180305131212p:plain

ソース:各DL数突破記念キャンペーンのニュース

 

つまり、アズレンは新規ユーザー獲得ペースが鈍化していることを意味します。

無論、配信開始から半年近く経過しており、ある程度鈍るのは致し方ありません。

 

総じて、これだけの情報は結果に過ぎず、原因は抽出しきれません。

私の観測範囲による定性情報も加味すると、ユーザーは飽きつつあると考えます。

私が拾う限り、主なユーザーの声は以下の通り。

  • 周回以外にやれることが欲しい
  • 大艦隊のコンテンツ待ち
  • キャラを増やすのは良いが、それよりキャラの深掘りをした方が良いのでは
  • 陣営もあってないようなもので、こうした世界観の深掘りはないのか

 など。

 

おそらくユーザーとのリレーションを大事にするYostarさんには既知のことで、既に動かれているかと思います。

 

個人的にはアズレンを大変気に入ってまして、 毎日遊んでいますのでYostarさんには頑張って欲しいです。一方で職業上の視点から、ここまでインパクトのある売上推移から、戦略面の見直しもあり得ると考えます。

ひとまず、私にできることとして、ダイヤを買うことと応援することを続けます。