dms9000 blog

ゲームプロデューサー8年、ネットの事業企画やマーケ10年、スタートアップ経営者2年と渡り歩いてきましたので、その辺の話を書いています

空いた時間で何をする? その1

しばらく効率化できるツール紹介になりそうです。
このブログのトラフィックを見ると、ツール紹介はちょっと需要がある様子なので続けますが、私が飽きるので、たまに別のことを書きます。

 

空いた時間で何をするか。

one to oneミーティングをやりましょう。スタートアップでは定番ですが、簡単におさらいします。

 

one to oneミーティングは定期的に社員一人一人に短時間の面談をすることです。
社員1人に対し2週間〜1ヶ月に1回実施し、時間は15分〜30分が一般的です。
目的は社員が困っていること、考えていることのヒヤリングはもちろんですが、
一番は「あなたのことを大切に考えています」という上司からのメッセージになります。

 

よって、議題は社員から提示するのが一般的です。
議題といっても堅苦しいものではなく、「困っていること」「嬉しかったこと」「やりたいこと」といった程度で構いません。

 

これを社員一人一人と行います。
重要なことは上長が社員の考えを否定したり、早急に結論付けたりしないようにしてください。

 

「そうかー。それは大変だね。どうしたら解決できるかを一緒に考えたいんだけど、君はどうしたらよいと思う?」

といったように、社員から意見を吸い上げることを第一に考えてください。

そして、後々にマネジメント間に共有し、できる・できないを精査してください。

最後に社員に精査した結果を返答します。

 

やり方ですが、社長&マネジメント、マネジメント&社員といった形もあります。
まだ社員が10名〜20名程度でしたら、社長が全社員(マネジメント含む)に話を聞くのも有りです。


私としては社長が全社員と面談するのを1ヶ月に1回行うことをお勧めしますが、時間の調整次第でご判断いただければ。